薬剤師不足はいつまで続くのかというと、あと5年という声が多いようです。 しかし、実際に、いつ薬剤師不足が終わりになるのかは、誰にもわからないでしょう。 かなり前から、薬剤師不足だと言われており、それが今現在になっても続いているのです。 今から5年経ったとしても、きっとまだ薬剤師不足だと言われていると思います。 求人情報を見ても、薬剤師を募集している病院や調剤薬局、ドラッグストアはたくさんあります。 毎年、国家試験に合格した薬剤師が生まれているのに、全然足りていません。 それは、薬剤師が増えている以上に、薬剤師を必要とする病院や調剤薬局、ドラッグストアなどが増加しているためでしょう。 薬剤師が足りないのも当たり前です。 薬剤師不足の影響で、薬剤師の給料は年々上がってきています。 ですので、薬剤師を目指す若者が、これから多くなるのではないかと思います。 途中で挫折する人も少なくないかもしれませんが、もしかすると、薬剤師を目指す若者が増えすぎて、薬剤師が飽和する時代がくるかもしれませんね。